身近な緑内障

一口に「緑内障」と言っても、細かな症状に違いがあるということをご存知でしょうか。そうして、その固化毎分類に象徴されるように、同じ緑内障という単語が含まれる病気であっても、いきなり痛みだして急速にその病状が進行するものや、病気の進行が比較的ゆっくりで、気がつくのにやや手間取ることがあるもの、この二つのタイプがあります。

'); define("P_END", '

'); ?>

緑内障けれども、普通の生活をしていたのでは緑内障の知識なんてほとんどないというのも当然だと思います。そこで、今回は緑内障と言う病気について調べてみようと思います。平成20年度に厚生労働省が発表している患者調査においては、日本国内の緑内障の患者数は63万7千人にも上るそうです。平成11年の調査では11万人という患者数であったのに対し、たった十年足らずで5倍以上にも増えています。そう、今日本では緑内障に悩むヒトは増え続けているのです。そしてその患者数は平成20年度当時の発表より確実に増えているはずです。緑内障は日本人にとってはとても身近な病気になりつつあります。その病を手軽なサプリメントなどで予防、改善できると嬉しいですよね。今回はその緑内障について知ることで、より健康的な生活を身近なものにしましょう。

'); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?>